異議申立の口頭意見陳述に参加して
(by ハーミ さん)



 9月2日(木)に町田市役所中町第3庁舎で開催された口頭意見陳述に異議申立人の一人として参加した住民の方から投書をいただきました。



異議申立の口頭意見陳述に参加して
 9月2日、特殊車両通行認定異議申立口頭意見陳述(難しいですね)に町田市役所について行って思ったことをメールします。

 まず、中心になって下さった方々にお礼申し上げます。

 何ですか、町田市が難しいことを沢山ならべて来たようで、ちょっと頭に来ました。話す人は何人とか、質問は受け付けないとか、申請を出した人以外の傍聴もみとめ無いとか、とか、でも、3人の方々が私たちの気持ちをしっかりと訴えて下さったし、弁護士のかたも、素人の私にもわかるように話してくださって、胸がすっとしました。

 確かに、今でさえひどい交通渋滞には、ちょっと買い物に出る時でさえイライラするし、空気汚染は毎日の掃除をしていても感じる程だし(そうそう、私たち町田に引っ越して来る前に世田谷の環七の近くに住んでいてゼンソクの初期症状になって慌てて空気のきれいな町田市に引っ越してきたんですよね)。これで工事が始まったらどうなるのかしら。このままで認めるなんて、市は恥ずかしく思わないのかしら?

 最後に弁護士さんが、市役所とは、市民のためにこそ存在する。市民が困っていたら、それを解決するためにこそあるんでしょ。(言葉は違うけれど、そんな意味の事だったと思います)とのご意見は本当に嬉しかった。
 私がいつもいつも思っていたことです。ご意見を切々と申し立てて下さった3人と弁護士の方々、本当にご苦労様でした。

 この頃怒ってばかりの本当はおとなしい主婦でした。
ペンネーム:ハーミ




グランド前道路(町田市道334号)の下校時風景と解体工事の時の工事車両
(提供写真)