同時多発行動
(1月22日)





1月22日(日)の同時多発行動の様子を、「○と」さんがレポートしてくれました。



本日はかねてからの計画通り、3拠点同時抗議行動日です。 午後1時過ぎに監視テントに行くと、もうたくさんの仲間が集合していました。 「面白い雪だるまがあるよ〜」というのでパチリ。 昨日の豪雪(この辺りにしては)の名残がこんな形で残っていてうれしいかぎり。 1時半過ぎに原町田と玉学のモデルルームに2班に分かれて出発しました。 今日は幟を一度はかっぱらっておきながら、我々の謝罪要求に応じない“ナイス”に再び(三度かな?)みんなで説教をしに行こう!という計画です。戦力は2分するどころかいつもより多いから不思議。

まずは原町田のチームに同行。 いつもよりちょっと少な目の機材をセッテイング(こればかりは2分しちゃいました)さてと一呼吸ついていると、今回の計画のリーダーのTさんがすでにモデルルーム入り口でハセコー社員となにやらもめている様子。 浄運寺前は捨て、床屋さん前は今日初参加の仲間2人にまかせて抗議チーフ担当の応援に4名で駆けつけました。 抗議チーフはハセコーをどう説得したのかスタスタとモデルルームの中に。 「責任者を呼んでくれ」とでも言っているのでしょう。

仲間は文字をしたためたプラカードをかかげ、時々裏返しに! このプラカードは「ナイスはのぼり窃盗を謝罪せよ」が表でナイス向け。「電波障害」「自然破壊NO!」などが裏面で工事業者のハセコー向けになってるスグレモノ。 状況に応じてパッパッと道路の車両やモデルルーム前の通行人にかざしてアピールしました。 それにしてもモデルルームを訪れる人は皆無で、ちと張り合いがない!というのが本音です。 マンション業界筋の情報で「まったく売れない大失敗物件」というレッテルが貼られているというのは真実かも…

このリバーシブルプラカード、今後は振り付けを考案し、ラジカセで音楽を流しながらやると面白いかも、なんてくだらないことが脳裏をよぎっている間にもTさんは入り口でナイスらしき社員に説教をしてました。「責任者をなぜ出さないんだ!のぼりを盗んだことに謝罪すらないのはどういうことなんだ」 そのうちハセコーかナイスが呼んだのでしょう、おまわりさんがやって来ました。 でもおまわりさんはこちらが正当な抗議をしていることに理解をしめしていただいたのか、別になにも問題はおこりそうにないと判断したのか分かりませんが帰って行きました。 ずっといてくれれば良かったのに!なぜならそのあとに床屋さん斜め前でバイクと乗用車の接触事故があり、また警察が呼ばれる羽目に。 こちらの仲間が通報してからパトカーが来るまで案外時間がかかったもんです。浄運寺前にいた私の目の前にパトカーが来たので「反対ですよ、あっち」と現場を指してあげました。 時計を見るとすでに3時を回っているので、玉川学園前の仲間の様子を見に行くためにこちらを離れました。

町田駅発15時16分の各駅停車で玉川学園前に到着。 トボトボと駅から遠い玉学モデルルームに向かいました。 日も翳って来たせいか寒さが身に凍みてきたな〜と思っていたら、こちらのモデルルーム前では新型ホカロンを仲間で配りあっているところでした。 「どうですか、こっちは?」と聞くと「6組ばかり着てますよ」とのこと。 原町田の様子を聞かれたので「あらかじめ入っていたお客さん1組だけで、後はぜんぜん来ません、閑古鳥が鳴いてる状態」と報告。

こちらでも幟の件でナイスに謝罪を要求しましたが、どうも似たような結果だったみたい。 ひどい会社ですね。鉄骨の構造計算書も開示しないのもますます怪しい。 こちらにもおまわりさんが来た様で、なんでもハセコーかナイスの通報で出動させられたのだそうです。 「同時多発」といったって、いつもより一箇所多いだけなのにね? 定刻16時に片付け開始、みんなの待つ監視テント前に戻りました。

原町田のチームも戻り、総勢30名近くがテント前に集合。 今日一日の報告会の後、数名を残して解散。 その数名も、17時近くまでねばりましたがまったく見学者が無いので「も〜止めましょう〜」と解散。 暖かい焚き火がちょっと名残惜しかったです。 みなさん、お風邪を召しませんように〜
ペンネーム:まると
写真はT氏提供






オンラインニュースに戻る
トップに戻る